トヨタホーム中国カンパニー採用サイト

採用エントリーはこちらから

社員インタビュー

社員写真

現場のコミュニケーションは
元気な挨拶からはじまります

工事グループ / 施工管理
酒井 貴理Takayoshi Sakai
2010年入社
新卒入社
-入社のきっかけは?
建築学科に在籍していた大学生の頃から、住宅構造の「安全性」に関心がありました。普段生活する上ではあまり意識されませんが、住宅は私たちの命や安全を守る場所でもあり、そのことを第一に考える必要があります。当社の「鉄骨ユニット構造」は、数々の震災においても損壊率が非常に低い強度を誇ることから、住宅の安全性を追求していくのに最適な環境だと感じました。
-今の仕事とやりがい
現在は、施工管理として山口全域にわたる各現場を巡回し、工事の進捗確認や品質管理を行います。現場では自分より年上の職人さんを相手にやりとりするため、スムーズに指示や確認ができるよう、日頃から現場での挨拶を怠らず積極的に会話を交わすなど、円滑なコミュニケーションを心がけています。また現場の進行状況は、天候という不確定な条件に左右されます。かつて手がけた案件では、豪雨が原因で工期の大幅なスケジュールの変更を経験しました。お客様にはご迷惑をおかけすることになりましたが、各担当と綿密な打ち合わせを重ね、いち早い完成を目指した結果、無事引き渡すことができ、お客様から感謝の言葉を頂けたときは苦しいなかでも達成感がありました。
-今後の目標
トヨタホームでは、全国の販売店で、住宅引渡し後にお客様の満足度を調査するアンケートを実施します。住宅そのものはもちろん、工程における営業・設計・現場各担当の対応も評価項目です。そのためお客様の満足度を高め、チーム全体を高く評価して頂き、最終的にはアンケート評価において全国上位に入ることを目指しています。
-趣味、休日の過ごし方
最近は、現場の職人さんに誘われゴルフをして過ごしています。普段の業務におけるコミュニケーションで培われた関係が、このような形につながることはうれしいですね。休みにも関わらず仕事の話を聞いてもらうこともあります。また学生の頃からバレーボール部に所属し、現在は地域の社会人サークルで汗を流しています。
社員写真

採用のエントリーはこちら↓から

採用エントリー